必ずホコリは出るもの

税務調査は、書類の申告が間違えていたり、相続を隠していて疑わしい場合などに入ることになります。3割の確率で税務調査が入れば、85%の方が納税の追徴課税に発展すると言われています。このような問題を回避するために一番ベストな方法が何かといえば、税理士に相談することではないでしょうか。

税理士という法律のプロフェッショナルは、税務調査を回避することが出来る申告書を書くノウハウを知っている人たちです。税務署が税務調査に来なければ税を追徴課税されるリスクを回避することが出来る訳です。

そもそも税務署の人たちは出来る限り税金を多く回収したいと思っているのです。しかし100%の人たちに対して税務調査を行うことはほとんど不可能です。そのために敢えて、3割に絞ってスポットをあてている感じでしょうか。そのために、スポットをあてた3割の人たちからは厳格な税務調査を行い、85%もの人たちが追徴課税されるリスクを抱えてしまうことになります。

税務署もプロであり効率のいい税金を回収する方法を持っています。更に財産が隠しやすい預貯金や証券口座を持っている方々や、納税額が大きい方を中心にして徹底的調査を行えば必ずホコリなど出て来ると考えるようです。