税務調査を回避

つまりみなさんが税務署が疑問を持たないような申告書を書くことが出来れば良いのです。そのような申告書はほとんど自身で書くことは不可能と考えるべきではないでしょうか。

税務署はひょっとしたらこれは税理士に相談して作成したものであるからという理由だけで3割のスポットから除外するという方法を採っているかもしれません。

つまり、それも税務署のプロフェッショナルとしての合理的方法として考えることが出来るのではないでしょうか。実際にここには相続申告を間違えた結果得をしている人たちがいたとしても100%の人たちが指摘される訳ではなく、うまくやった人たちは逃れることが出来るケースもあるかもしれないということです。決してそれをすすめる訳ではありませんが、ここまで税理士に相談することと相談しないでは大きな違いがあると考えてください。

更に税理士に相談することで得ることが出来るメリットは、一つに土地評価による節税が出来ることです。相続の土地評価では、評価する人間によって評価額が変わることが多々あります。

しかし税理士に相談すれば、土地評価額をなぜ抑えることが出来るのでしょうか。それは、税理士という法律のプロフェッショナルが、税務上の土地評価に対しての知識が豊富だからなのです。