税理士に依頼する

税理士という存在は、税務上の土地評価に対しての多く知識を持つプロフェッショナルであり、減価要因の内容の把握も出来ており、土地評価の実務ノウハウも持っています。このようなことが税理士に相談する最大の強みであると考えている人たちも多くいます。

もちろん素人の方々よりも確実に土地評価額を抑える方法の引き出しを持っている人たちです。ただし、税理士に相談すればいいということではなくて、税理士の中にも相続に強い税理士とそうでない税理士がありますので、どのような税理士を選ぶのかも大事なことです

税理士によって数千万円の評価額の差も出ると言われています。もしも多く申告してしまったとしても、税務署という存在は理不尽に感じるのかもしれませんが、多く申告し過ぎですよとは言ってはくれないのです。税務署という存在は、数多くの人たちを相手にして来て、相続税の知識・ノウハウについて知り尽くした人たちです。

そのような人たちを相手にして素人が向きあったとしてもすぐにポロは出てしまうものです。やっぱり、税務署というプロフェッショナルと向きあうのは、相続税の知識を持ったプロフェッショナルである税理士に相続相談することが正しいことではないでしょうか。

税務調査を回避

つまりみなさんが税務署が疑問を持たないような申告書を書くことが出来れば良いのです。そのような申告書はほとんど自身で書くことは不可能と考えるべきではないでしょうか。

税務署はひょっとしたらこれは税理士に相談して作成したものであるからという理由だけで3割のスポットから除外するという方法を採っているかもしれません。

つまり、それも税務署のプロフェッショナルとしての合理的方法として考えることが出来るのではないでしょうか。実際にここには相続申告を間違えた結果得をしている人たちがいたとしても100%の人たちが指摘される訳ではなく、うまくやった人たちは逃れることが出来るケースもあるかもしれないということです。決してそれをすすめる訳ではありませんが、ここまで税理士に相談することと相談しないでは大きな違いがあると考えてください。

更に税理士に相談することで得ることが出来るメリットは、一つに土地評価による節税が出来ることです。相続の土地評価では、評価する人間によって評価額が変わることが多々あります。

しかし税理士に相談すれば、土地評価額をなぜ抑えることが出来るのでしょうか。それは、税理士という法律のプロフェッショナルが、税務上の土地評価に対しての知識が豊富だからなのです。

必ずホコリは出るもの

税務調査は、書類の申告が間違えていたり、相続を隠していて疑わしい場合などに入ることになります。3割の確率で税務調査が入れば、85%の方が納税の追徴課税に発展すると言われています。このような問題を回避するために一番ベストな方法が何かといえば、税理士に相談することではないでしょうか。

税理士という法律のプロフェッショナルは、税務調査を回避することが出来る申告書を書くノウハウを知っている人たちです。税務署が税務調査に来なければ税を追徴課税されるリスクを回避することが出来る訳です。

そもそも税務署の人たちは出来る限り税金を多く回収したいと思っているのです。しかし100%の人たちに対して税務調査を行うことはほとんど不可能です。そのために敢えて、3割に絞ってスポットをあてている感じでしょうか。そのために、スポットをあてた3割の人たちからは厳格な税務調査を行い、85%もの人たちが追徴課税されるリスクを抱えてしまうことになります。

税務署もプロであり効率のいい税金を回収する方法を持っています。更に財産が隠しやすい預貯金や証券口座を持っている方々や、納税額が大きい方を中心にして徹底的調査を行えば必ずホコリなど出て来ると考えるようです。

相続相談を税理士へ

相続の問題をみなさんはスムーズに解決出来ているでしょうか。相続相談の問題は、やっぱり税理士に依頼するのが正しい方法ではないでしょうか。ここでは弁護士によってもたらされるメリットにつて追求していきましょう。

みなさんが少なくとも今後相続という問題と向きあう時が来るのではないでしょうか。 相続税の問題は自分でなんとかできるという思いの人もいるかもしれません。相続を税理士に相談する一番の大きなメリットは税務調査を回避することが出来るからと言われています。

相続税の問題は、3割の確率で税務調査が入るとも言われており、85%という人たちがそのとき納税の指摘を受けて、追徴課税などに発展する形になると言います。つまり自分で相続税の問題が片付いているつもりになっていても、正しく申告が行うことが出来ていないケースが多いです。それ程までに相続税の問題は難しいと考えた方がいいでしょう。

3割もの人たちが税務調査の対象になっているのもおそらく一人で行うことによって生じるものと考えることが出来ます。もはや当たり前に相続税の問題は税理士に相談すべきものと考えるべきことなのかもしれません。そのときなぜ税理士に相談をすれば税務調査を回避することが出来るかといえば、税理士は相続税の申告書を書く法的プロフェッショナルであり、 税務署員らが見た時に疑問が残らないように書くことが出来るからです。疑わしいと思うから、税務調査が一度入ってしまうことになります。税理士はまずそれを阻止するための書類を作成すると考えることが出来ます。