税理士に依頼する

税理士という存在は、税務上の土地評価に対しての多く知識を持つプロフェッショナルであり、減価要因の内容の把握も出来ており、土地評価の実務ノウハウも持っています。このようなことが税理士に相談する最大の強みであると考えている人たちも多くいます。

もちろん素人の方々よりも確実に土地評価額を抑える方法の引き出しを持っている人たちです。ただし、税理士に相談すればいいということではなくて、税理士の中にも相続に強い税理士とそうでない税理士がありますので、どのような税理士を選ぶのかも大事なことです

税理士によって数千万円の評価額の差も出ると言われています。もしも多く申告してしまったとしても、税務署という存在は理不尽に感じるのかもしれませんが、多く申告し過ぎですよとは言ってはくれないのです。税務署という存在は、数多くの人たちを相手にして来て、相続税の知識・ノウハウについて知り尽くした人たちです。

そのような人たちを相手にして素人が向きあったとしてもすぐにポロは出てしまうものです。やっぱり、税務署というプロフェッショナルと向きあうのは、相続税の知識を持ったプロフェッショナルである税理士に相続相談することが正しいことではないでしょうか。